会長挨拶

ご挨拶

会長写真

我々の業界団体は、1966年 栃木県鉄骨協会が設立され51年の永きにわたり活動し、主に建物に使われる鉄を加工し組み立てている団体です。

具体的には、小中高校などの校舎、体育館など、またホテル、マンション、工場、倉庫などあげればきりがありません。

鉄骨造の有名どころでは、東京タワー(1958年完成)などは、当時の象徴的な建造物として現在も優雅にそびえ立っています。

我々業界の技術も、日進月歩で最近では、東京スカイツリー(2012年完成)などが有名です。東京スカイツリーの鉄骨は、栃木県の大きな鉄骨加工業者数社が多くを加工し、「made in とちぎ」と言っても過言ではありません。

鉄には、冷たい、錆びるというイメージがありますが、加工する我々の心は常に熱く、また実際に溶接作業をするときは、1,000℃以上の熱を発生させ行います。

これは正しく、真剣勝負です。

その他、いろいろな工程を経て、皆様が住んで利用して、安全、安心な建物の躯体(骨組み)を誠心誠意作っている仲間の団体です。

これからも、栃木県鉄構工業会の仲間は、たゆまぬ努力を怠らず、社会に貢献できる団体として活動をしてまいります。

また、鉄のプロとしてプライドを持って活動してまいります。

鉄についての疑問などがあれば、お気軽にアクセスしてみてください。

どうぞ今後とも、よろしくお願い申し上げます。

ページの先頭に戻る